2017年06月27日

俳句日記  (345)


きゅうり

 すごく蒸し暑い。気温は正午で26℃だが、朝方まで降っていたから湿度が高いのだろう。しかし、胡瓜、茄子、トマトは大喜びでぐんぐん伸びる。こぼれ種から自然に生えてきたカボチャも勢い良く蔓を伸ばし、胡瓜棚に這い上がって来た。既にビー玉ほどの丸い実をつけた雌花が出ている。明け方から早朝にかけてこの雌花が花開いている時に、雄花の花粉をくっつけると受精して一人前の実に育つのだが、何しろそんな時間帯は白河夜船だから、水牛菜園のカボチャはいたずらに伸びるばかりで、一向に実らない。奇特な虫が運んだ花粉で実ることがあるが、そういう幸運は滅多に起こらず、毎年、立派な実になれるのは一個か二個である。
 それに対して胡瓜は放っておいても勝手に受粉して勝手に実る。今年は多産系のトゲ無し品種フリーダムを2本、伝統的品種のヨシナリ1本と、病害虫に強いという触れ込みの「夏バテ知らず」という新品種を1本の合計4本をゴールデンウイークに植えた。三週間たった5月25日に早くもフリーダムが2本穫れた。蔓がひょろりと1.5mほど支柱に縋っている状態で、なんだか痛々しい感じである。
 しかしそれからが凄い。蔓の脇から子蔓を出し、子蔓から孫蔓が生え、高さ一間の竿竹に張った幅1.5間・奥行2間のネット棚に絡みつきながらぐんぐん伸びる。ちょっと遅れて「夏バテ知らず」と「よしなり」も茂り出し、実をつけ始めた。
 6月に入ると毎日毎日採れるようになった。少ない日でも7,8本、多い日には23本ということもある。キリギリスではあるまいし、そうそう胡瓜ばかり食ってはいられない。隣近所や馴染みの酒屋のカミサンにも持って行く。それでも3,4日たつと胡瓜の山が出来る。昨日、ついにホーローの桶を引っ張り出して、50本ほど塩漬けにした。

  胡瓜もぐ夏バテ知らずといふ新種
posted by 水牛 at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする