2018年09月23日

俳句日記 (424)


雲の峰と雷電 (12)

 ああ稀勢の里

 9月23日(日)お彼岸の中日、大相撲秋場所は横綱白鵬が15戦全勝の断然の強さと上手さで幕を閉じた。八場所連続休場で進退を賭けて臨んだ横綱稀勢の里は10勝5敗で見事難関を潜り抜けた。
 「横綱のくせに10勝5敗じゃ情けない」とか「星はともかく、横綱らしい堂々たる取り口が全く無かった」などという批判がある。それも至極もっともなのだが、水牛としては、ともかく10勝したのだから「長期欠席の後でよくやった」と褒めてやりたい。私は元々、稀勢の里を僅か一度の優勝で横綱にしてしまうなんてとんでもない、これでは吉葉山の二の舞になってしまう、と随分前にこの欄に書いた。結果としてそれが当たり、稀勢の里は引退寸前に追い込まれた。出ては負け、休み、また出ては負けの繰り返しで一年半の空白を作り、今回、正念場の秋場所を迎えた。
 学校でも職場でもそうだが、長いこと休むと、どうしても怖じ気づいたり、出て行くのが億劫になる。元々、稀勢の里には自閉症児のようなところがあり、土俵に上がってチリを切り、四股を踏んで相手とにらみ合い仕切に臨む段階を通じて、「あー、いやだいやだ、早く終わりたい」という顔つきである。軍配が引かれて両者立ち上がり、ぶつかり合う段階になってようやく目が覚めたような顔つきになる。こんな具合だから大概は中途半端に腰高のまま立ち上がることになり、先手を取られてしまう。今場所も何番かそういう相撲があった。
 相撲社会は今でも特別な雰囲気に包まれていて、昔ながらの仕来りや習慣が残っているようだ。「部屋」という、言葉は悪いがヤクザの何とか組と相通じる親方ー弟子(親分ー子分)という関係からなる組織の集合体である。形式的には文部科学省の監督下の公益財団法人日本相撲協会という法人組織になってはいるが、実態は有力な親方で作る理事会が全てを決めて運営している。だから、協会の人事をはじめ、部屋の運営、力士を統率することなど、すべてが「昔ながらのやり方」で流れて行く。だから、だれそれを大関にする、横綱にするといったことから、不甲斐ない横綱に引導を渡すことに至るまで、全てはこの親方連中からなる理事会の意向によって決まる。
 今回も稀勢の里の今後について「どうするか」が協会幹部の間であれこれあったらしい。稀勢の里は二所ノ関一門の田子ノ浦部屋所属だが、その二所一門には派閥争いがあり、元大関琴風をボスとした一派は稀勢の里の存命を言い、元横綱大乃国を擁する一派は引退を画策したといった噂が流れ、週刊誌ネタにもなった。それは噂に過ぎないかも知れないが、とにかくそんなことを言われる原因はふわふわ横綱稀勢の里にある。とにもかくにも10勝して、存命が決まったが、次の九州場所が厳しい。千秋楽の大関豪栄道との一番を見るにつけ、こりゃ前途暗澹たるものがあるなあと危惧せざるを得ない。
 稀勢の里は190センチ、180キロの堂々たる体躯の横綱である。雷電は伝説では6尺5寸(197センチ)、45貫(169キロ)と言われているが、『雷電日記』の著者小島貞二は「残されている足袋、着衣、手形などから、6尺3寸(191センチ)、40貫(150キロ)が全盛時代の肉体ではないか」と述べている。まさに稀勢の里は雷電そのものではないか。稀勢の里よ、雷電碑のかけらを煎じて飲んで、九州場所には大向こうを見返す相撲を取ってくれ。
  横綱の負けて溜息秋入日
posted by 水牛 at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

俳句にならない日記 (18)



次の年号は「安晋」とでも?

 結果が分かっている自民党総裁選など何の関心も無く、ただ、三選挨拶の記者会見でどんな事を言うのかだけにちょっと注目したが、ラジオで聞いて心底落胆した。表面おだやかな物言いではあったが、傲岸不遜が見え透いていた。特に時間切れすれすれで東京新聞の記者が、総裁選で反対に回った石破陣営の連中をどう遇するのかと聞いた事に対して、何も答えず、突如会見を閉じてしまったことに、今後の危うさを感じた。司会者が指名して質問を終えていながら、「時間です」と打ち切ってしまった。この不自然さに"アベトランプ化"の嫌な臭いがした。
 これから3年間、日本はかなりひどい状況に落ち込むのではないか、奈落の底に転げ落ちる第一歩を踏み出すのではないか。
 私はどちらかと言えば保守主義で、この国は自民党というぬるい温泉に浸かっているような政党に任せるのがいいのかな、そのチェック機関として社会党や共産党がそれなりの議席を占める形態が好ましいかなと思っていた。しかし、その自民党がぐずぐずになってしまい、自らこけた。その後に出て来たカンとかハトとかがどたばたする政治には冷や冷やしながらも、堕落しきった自民党にこれがお灸になるのならあながち悪いことではないと思っていた。ところが、民主党政権が予想以上にお粗末だったために、自民党がしっかりと禊を済ます時間の無いままに再び政権に復帰してしまった。日本の不幸はここから始まった。宰相には最もふさわしくない安倍晋三という人が成り上がり、なんと9年間もこの国の舵取りをすることになったのである。
 何を以て「宰相として最もふさわしくない人物」というか。それは「巧言を弄す」ことである。近年の首相の中で、安倍晋三という人は弁論の術だけを言えば最高である。しかし、その弁舌の中身を問えば如何。何も無いどころか、むしろ害毒を流すと言った方がいい。
 たとえばアベノミクスの「三本の矢」である。これは要するにデフレを解消するために日銀に札をどんどん刷らせて、金利をとことん下げて景気をあおろうという、極めて古典的で野蛮な方法である。この結果肥え太ったのは誰か。「ハゲタカファンド」などと言われる国際金融マフィアと、それにぶら下がる日本の金融、商社、一部の企業である。日本国民の大多数はアベノミクスの恩恵にはほとんど浴していない。ここをつつかれるとシンゾー氏は言う。「アベノミクスが無かったとすればどうなっていたと思いますか」と。
 これはテキ屋、つまり大道香具師の論理である。誰も答えられない設問を発して、相手の虚を突いて己の怪しげな「回答」を滔々とまくし立てる。半分くらいの人は「そうかも知れないな」と思ってしまうのである。効果が疑わしいアベノミクスの発動によって、日本は世界で最もすさまじい借金大国に陥ってしまった。トルコがどうだ、アルゼンチンが危ういなどと言われているが、冷静に考えれば今や日本が一番危ういのである。これに対する明確な発言は無く、「日銀にお委せしています」と言うばかりである。
 総裁選でもそうだったが、最近のシンゾー氏は二言目には「有効求人倍率の増加」を取り上げる。確かに7月現在の有効求人倍率は1.63倍という近来に無い高い数字だ。職を求める100人に対して、163人もの求人がある。好景気絶頂期にも見当たらないような数字である。これを以てシンゾー氏は「景気は回復」と言う。
 有効求人倍率は重要な景気指標だが、これが実態経済を正しく反映しているとみるのは大きな間違いだ。有効求人倍率とは、公共職業安定所(ハローワーク)に企業が求めてきた人数(求人)を、職を求めて登録した人(求職者)で割った数字である。これには新卒は入っておらず、また、正規雇用だけでなくいわゆるパートや派遣求職者が含まれている。だからこれが現在の日本の労働市場を正しく示す数字なのかどうかという疑義すら言われ始めているのだ。さらに、近ごろはハローワークなどに出向かず、リクルート雑誌などで適当な仕事を見つけて過ごす若者が多くなっている。そういう人たち、すなわちハローワークに出向かない人は有効求人倍率の「求職者」にならない。従って「求職者」という分母が減るから、必然的に有効求人倍率は高くなる。とにかく現在、一般国民に景気高揚感はほとんど無い。シンゾー氏の言う「景気は立ち直った」というのは、どう考えても偏頗な立ち直りと言わざるを得ない。
 まあとにかく、私たち日本国民はこういう人を国のリーダーとして選んでしまったのである。不幸なことに、朝貢国であるアメリカの国王が野蛮極まりない人物である。この意向に逆らわないように進んで行くのは容易ではなかろう。「平成」の次の年代はかなり危うい。天下太平を祈って付ける次の年号は果たしてどんなものになるのだろう。
posted by 水牛 at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

俳句日記 (423)



シバンムシ

 七月末頃から書斎の中を小さな甲虫が飛んだり這い回ったりするようになった。刺したりせず、大した害も無さそうなのでそのままにしておいたら、だんだん増えて来た。目の前をふわふわ飛んだり、パソコンモニターの画面に止まってもぞもぞ動いたりするようになった。こうなると気になって、目の前に来たヤツをパチンと両手で潰したり、モニター上を這っているのをツバつけた指先に貼り付けて捕まえる。
 一体、何と言う虫なのか。フマキラーをかけて仮死状態にしたのを白紙に乗せて虫眼鏡で覗く。横にモノサシを置く。体長3.5ミリ。米粒の半分くらいしかないのだが、足が六本、黒褐色の堅い艶やかな羽を持ち、コガネムシを百分の一くらいにした姿だ。極めて小さいけれど何かの幼虫ではなく、これで立派な成虫のようである。手元の昆虫図鑑ではなかなか特定できず、インターネットであれこれ探った。小さな虫をピンセットで引っ繰り返しながら、図版と比べ、それらしき虫に関する説明を読んで突き止めた結果、「シバンムシ」という虫であることが分かった。
 これに違いない。しかし、一体これがどこから出て来るのだろう。我が書斎には足の踏み場も無いほど本が乱雑に積まれ、猫のエサや状差しや筆立てや酒瓶を立てた箱や小物類を入れた抽出や、その他もろもろが一杯ある。一つ一つ引っ繰り返して点検して、遂にシバンムシの巣窟を突き止めた。本棚の隅に置いてある雑物入れの箱だった。その箱には、薬草や刻んだ生薬の根茎や種子、小石を入れて襟巻形にした袋が入れてあった。肩凝り・頭痛持ちの私を心配してくれた旧友がくれた治療用襟巻きである。そこに小さな虫と幼虫がうようよ這い回っていた。こんな情景が山の神に見つかったら大変なことになる。「だから、アナタは・・」と絶叫して、書斎ごと燃やしてしまえと言い出し兼ねない。急いでゴミ袋に入れ、次の収集日の金曜日まで裏庭の植え込みに隠し、付近に殺虫剤を撒いて、とにかく一件落着した。
 それにしても「シバンムシ」とはどういう意味だろう。初めて聞く名前である。広辞苑には「シバンムシ科の甲虫の総称。体長2〜6ミリ。主として乾燥した植物質を食い、建築材、菓子、古書などを食害する云々」と出ていた。ネットをさらに検索すると、この虫に関するいろいろが出ており、「ミントをはじめ薬草や香草に好んで巣くう」とある。何の事はない、わざわざシバンムシの宿所を用意してやっていたのだ。そして、「シバンムシ」とは「死番虫」のこととあった。
 しかし「死番」というのがよく分からない。ウイキペディアを引いてみるとちゃんと出ている。成虫が雌雄相呼ぶ際に建材などに頭部を打ち付けて出す音が、死神が臨終の時を告げる時計の音に似ているというので、この虫にdeathwatch-beetleという名前が付けられ、それを訳して「死の番をする虫」となったらしい。
 人体に直接害を為す虫ではないらしいが、本を食い荒らすというのが困る。さしたる稀覯本などは無いのだが、俳句関係の江戸時代の和綴本など食われては困るものが何冊かある。それに何と言ったって、死神のお使いのような名前が良くない。それでなくてもこのところ天候不順も重なって体調不良が続いている。思いが暗く暗く落ち込んで行く。
  死神の使ひの虫や秋黴雨
  死番虫警世の鐘夜半の秋
posted by 水牛 at 20:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

俳句日記 (422)



竹伐る

 「木六竹八塀十郎」という言葉がある。建材や細工物に使う木は旧暦六月(現七月)以降、竹は八月(同九月)以降に切るのが良く、土塀を塗るのは湿度が低くなる旧十月以降が良いという言い伝えである。木も竹も春から夏には根から水分と栄養を吸い上げて枝葉を茂らせ成長する。秋になるとそれが終り、材質が締まってくる。それを見計らって伐採した木や竹は細工がしやすく、虫も付きにくいというのだ。というわけで、竹や筍の産地では九月から十一月頃にかけて盛んに竹林の間引き、伐採を行う。そうすることによって、翌年初夏にまた良い筍がにょきにょき生えて来るのだ。そんなことがあって、「竹伐る」という秋の季語が生まれた。
 我が家はそういう実用面とは関係無く、9月13日、本職の植木職人を呼んで裏庭に生い茂った竹を全て伐採した。後には長い青い竹竿が五十数本残った。
 もともとは竹の好きなところから、裏庭に竹を植えたいと思ってのことであった。住居の北側の裏庭は高さ約3メートルの崖を背負い、幅4メートル長さ10メートルほどの細長い空地になっていた。そこに物置を四つ建て並べ、その裏側の崖との合間が50センチほど空いた。そこに背丈の高い竹を植え並べれば、上の道から見下ろされても我が家はむき出しにはならない。あれこれ考えた末に大名竹という竹を植えた。
 幅が僅か50センチしか無いから孟宗竹のような大木になるのは無理だ。しかし、3メートル上に通る道路からの見下ろしを防ぐには、それなりに高く伸びる竹でなくてはならない。ということで、木刀ほどの太さの幹がすくすくと4メートルほど伸び、筍が伸び切ったところで頂点を切ると、枝葉を傘のように散開して優雅な姿になる大名竹を選んだ。この選択はまさに図星で、狙い通りに大名竹はすくすくと伸び、根を左右に広げて幅6間ほどの遮蔽林を作ってくれた。下から見上げても、上の道から眺めても緑爽やかに、夏は涼しげで、冬は雪が積もって風情を醸し、言うこと無しであった。
 ところがである。植えて5,6年は大満足だったのだが、実は竹というのはここいらからが恐ろしいということを初めて知った。初めのうちは北側の石垣と南側の側溝とに挟まれた狭い空間で、竹は自由に根を伸ばせる東西に根を生やして行き、こちらの希望通り東西横一列の竹の壁を作ってくれたのだが、勢いを蓄えた大名竹はやがて南側の側溝の隙間や土が被さったところを使って、南側の母屋の裏の歩道に根を伸ばし、筍を生やすようになった。
 毎年五月、生えて来る筍を見つけ次第に切り取った。しかし、次々に生えて来る。筍シーズンが終ると静かになり、ほっとするのだが、翌年は筍の生える面積が着実に増えている。かくて、二十数年たった今年、ついに音を上げた。
 植木屋と相談した結果、「皆伐、強力除草剤注入」という結論。作業は一日で終わったが、果たしてこれで一件落着となるかは本職の植木屋も分からないという。我が家の猫額の竹林などは甘い話で、今や全国的に竹の繁殖が凄いと言う。農業従事者の高齢化で手が回らない畑地にどんどん竹がはびこり出しているという。
  ざわざわと風巻起し竹伐らる
posted by 水牛 at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

俳句日記 (421)


雲の峰と雷電 (11)
 重労働

 「一年を廿日で暮らすいゝ男」という川柳がある。『誹風柳多留』巻四十四(文化五年、一八〇八)に載っている句だが、当時の力士がいかに格好がよくて人気上々だったかが分かる。文化五年と言えば雷電41歳、全盛期は過ぎていたが、まだまだ無敵大関として春場所は7勝1無勝負2休、冬場所は9勝1敗で連続優勝を決め、人気絶頂を極めていた(この3年後に引退)。雷電の通るところ、今で言う「追っかけ」がつきまとい大変な騒ぎだったようだ。それはさておき、当時の本場所は今のように期日がぴたっと定まってはいなかったものの、概ね3月と10月ないし11月にそれぞれ晴天十日間興行として開催されていた。つまり、一年をわずか二十日の勤務で暮らす良い男というわけだ。
 今の力士はそれに比べると大変だと言われる。何しろ本場所が一ヵ月おきに年6場所、合計九十日間もある。その合間には地方巡業がある。力士は過重労働で、一旦怪我をしたら治す暇が無い。これではあまりに苛酷ではないかという意見があちこちから出ている。私もその一人で、名古屋場所と九州場所は番付の変更をもたらさない準本場所にすべきだと思っている。あくまでも年六場所を続けるのなら、公傷制度を復活し、場所での怪我による休場では番付を下げないようにした方が良い。
 そうは言っても、今の力士に比べて雷電時代の力士が楽をしていたのかと言えば、実は全くそうではなかったことが「雷電日記」を読めば分かる。一年を僅か20日勤務で済ましていたわけではなかったのだ。まず、今の力士のように月給が保証されているわけではない。江戸と大坂の本場所、京都の準本場所はもとより地方場所(巡業)まで、出場してはじめて割り前(給金)を貰うのである。呼ばれなかったり、調子が悪くて出場出来なければ無収入。「江戸の華」と言われた力士も内実はなかなか大変だったのだ。実働日数もかなりになる。
 雷電が「大関」になって快進撃を始めた寛政三年(一七九一)の記録では、江戸、大坂の本場所各十日間を含め、各地を巡業して合計84日間相撲を取っている。巡業地から次の巡業地まで行くには全て徒歩、時には舟を利用しているが、早くて1日、遠隔地だと3日くらいかかる。この移動日を勘定すると、江戸時代のお相撲さんはとてもとても一年を20日で暮らすような優雅な状況ではなかったのだ。
 さて本日9月9日。大相撲秋場所が開幕。注目は八場所連続休場の横綱稀勢の里の初日。はらはらしていたのだが、相手がけれんの無い勢ということもあって、安心してぶつかれ、寄り倒すことができた。明日は最も厄介な曲者貴景勝。これを無事料理できれば、もしかしたら九場所ぶり出場で優勝という奇跡が生まれるかも知れない。
 しかし、雷電の話と比べると、何とまあスケールが縮こまってしまうことよ。
  秋場所や泥鰌の鍋も沸き返る
posted by 水牛 at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする