2018年09月21日

俳句にならない日記 (18)



次の年号は「安晋」とでも?

 結果が分かっている自民党総裁選など何の関心も無く、ただ、三選挨拶の記者会見でどんな事を言うのかだけにちょっと注目したが、ラジオで聞いて心底落胆した。表面おだやかな物言いではあったが、傲岸不遜が見え透いていた。特に時間切れすれすれで東京新聞の記者が、総裁選で反対に回った石破陣営の連中をどう遇するのかと聞いた事に対して、何も答えず、突如会見を閉じてしまったことに、今後の危うさを感じた。司会者が指名して質問を終えていながら、「時間です」と打ち切ってしまった。この不自然さに"アベトランプ化"の嫌な臭いがした。
 これから3年間、日本はかなりひどい状況に落ち込むのではないか、奈落の底に転げ落ちる第一歩を踏み出すのではないか。
 私はどちらかと言えば保守主義で、この国は自民党というぬるい温泉に浸かっているような政党に任せるのがいいのかな、そのチェック機関として社会党や共産党がそれなりの議席を占める形態が好ましいかなと思っていた。しかし、その自民党がぐずぐずになってしまい、自らこけた。その後に出て来たカンとかハトとかがどたばたする政治には冷や冷やしながらも、堕落しきった自民党にこれがお灸になるのならあながち悪いことではないと思っていた。ところが、民主党政権が予想以上にお粗末だったために、自民党がしっかりと禊を済ます時間の無いままに再び政権に復帰してしまった。日本の不幸はここから始まった。宰相には最もふさわしくない安倍晋三という人が成り上がり、なんと9年間もこの国の舵取りをすることになったのである。
 何を以て「宰相として最もふさわしくない人物」というか。それは「巧言を弄す」ことである。近年の首相の中で、安倍晋三という人は弁論の術だけを言えば最高である。しかし、その弁舌の中身を問えば如何。何も無いどころか、むしろ害毒を流すと言った方がいい。
 たとえばアベノミクスの「三本の矢」である。これは要するにデフレを解消するために日銀に札をどんどん刷らせて、金利をとことん下げて景気をあおろうという、極めて古典的で野蛮な方法である。この結果肥え太ったのは誰か。「ハゲタカファンド」などと言われる国際金融マフィアと、それにぶら下がる日本の金融、商社、一部の企業である。日本国民の大多数はアベノミクスの恩恵にはほとんど浴していない。ここをつつかれるとシンゾー氏は言う。「アベノミクスが無かったとすればどうなっていたと思いますか」と。
 これはテキ屋、つまり大道香具師の論理である。誰も答えられない設問を発して、相手の虚を突いて己の怪しげな「回答」を滔々とまくし立てる。半分くらいの人は「そうかも知れないな」と思ってしまうのである。効果が疑わしいアベノミクスの発動によって、日本は世界で最もすさまじい借金大国に陥ってしまった。トルコがどうだ、アルゼンチンが危ういなどと言われているが、冷静に考えれば今や日本が一番危ういのである。これに対する明確な発言は無く、「日銀にお委せしています」と言うばかりである。
 総裁選でもそうだったが、最近のシンゾー氏は二言目には「有効求人倍率の増加」を取り上げる。確かに7月現在の有効求人倍率は1.63倍という近来に無い高い数字だ。職を求める100人に対して、163人もの求人がある。好景気絶頂期にも見当たらないような数字である。これを以てシンゾー氏は「景気は回復」と言う。
 有効求人倍率は重要な景気指標だが、これが実態経済を正しく反映しているとみるのは大きな間違いだ。有効求人倍率とは、公共職業安定所(ハローワーク)に企業が求めてきた人数(求人)を、職を求めて登録した人(求職者)で割った数字である。これには新卒は入っておらず、また、正規雇用だけでなくいわゆるパートや派遣求職者が含まれている。だからこれが現在の日本の労働市場を正しく示す数字なのかどうかという疑義すら言われ始めているのだ。さらに、近ごろはハローワークなどに出向かず、リクルート雑誌などで適当な仕事を見つけて過ごす若者が多くなっている。そういう人たち、すなわちハローワークに出向かない人は有効求人倍率の「求職者」にならない。従って「求職者」という分母が減るから、必然的に有効求人倍率は高くなる。とにかく現在、一般国民に景気高揚感はほとんど無い。シンゾー氏の言う「景気は立ち直った」というのは、どう考えても偏頗な立ち直りと言わざるを得ない。
 まあとにかく、私たち日本国民はこういう人を国のリーダーとして選んでしまったのである。不幸なことに、朝貢国であるアメリカの国王が野蛮極まりない人物である。この意向に逆らわないように進んで行くのは容易ではなかろう。「平成」の次の年代はかなり危うい。天下太平を祈って付ける次の年号は果たしてどんなものになるのだろう。
posted by 水牛 at 00:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。