2018年11月30日

俳句日記 (435)



十一月という月は

 11月は取り止めなく過ぎ去ってしまう月である。気候・温度変化からしても、秋のようでもあり冬のようでもある中途半端な感じだ。
 11月7日が立冬、俳句ではこの日から天然自然の景物も人事もすべて「冬」として詠むことになる。とは言っても、まだまだ秋の気分である。それでぼんやりしていると、急に明け方7℃などと冷え込んで、タオルケットに夏掛蒲団一枚で寝ていたために風邪を引くはめになったりする。
 11月がなんとなく印象薄く過ぎてしまうのは、行楽シーズンの10月を終えて一息つき、翌月の師走12月を控えてあれこれ心づもりしながらの時期ということもあろう。
 同じように何とはなしに過ぎてしまうのが2月だ。これもお正月の新年行事がいろいろ重なる1月を過ごし、翌3月が年度末・学期末で非常に忙しい。その中間安定期が2月である。「二月逃げ一年も逃げ始めたり 今泉而云」という名句があるが、この伝で行けば「あれあれと十一月の走り去る」ということになろうか。
 気候の変わり目ということでも2月と11月は似ている。2月は寒が明けて徐々に春らしくなって行く時期であり、11月は秋が本格的な冬になる頃合いである。こういう季節の変わり目は人間の身体にも影響を及ぼす。ここで無理をすると碌な事は無い。そんなこともあって、11月は殊更頑張らずに平々凡々の日を暮らすように、天の神様が仕向けてくれているのかも知れない。

  爪割るる十一月となりにけり
  空欄の目立つ日記や十一月
posted by 水牛 at 21:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。